京都で南インドカレーが楽しめる「インド食堂TADKA(タルカ)」

 

最近、テレビでもよく登場する”南インドカレー”

スパイスが効いていて、プレート上にあるものをすべて混ぜながら食べるカレーです。

そのカレーが楽しめる、インド食堂TADKA(タルカ)へ行ってきました。

(夏場はいつも並んでいたのですが、涼しくなったせいか?ちょうど誰も待っていなかったのも入店の理由です)

辛いものが苦手ですが、カレーは好きだし、好奇心が勝っていただくことに。

ランチメニューは、ベジミールスとノンベジミールス(お肉が入っている)の2種類。

私はベジミールス(1050円)を注文しました。

ベジミールス
ベジミールス

カレー2種類と、お惣菜、ヨーグルト、ご飯、ロティ(おせんべい)がついています。

カレーはスパイスが効いていてピリ辛ですが、すべての具材を混ぜて食べるとまろやかになり、とてもおいしくなります。

ヨーグルトの酸味が辛味を弱めて、甘みを引き出してくれている感じ。

初めて食べたロティもおいしかったです。

見た目だと、量が少ないかなと思ったのですが、ちょうどいいボリュームでした。

13時以降に入店すると、350円でチャイが飲み放題になるようでした。

ビルの1階にあって、目立たないのでお店に気づきづらいかもしれませんが、おすすめのカレー屋さんです。

●インド食堂TADKA(タルカ)
(最寄り駅:烏丸御池駅)
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260202/26019333/