ゴッホ展〜巡りゆく日本の夢〜を観賞

  京都国立近代美術館で開催されている、ゴッホ展〜巡りゆく日本の夢〜を観賞しました。

開催期間は2018年1月20日(土)〜3月4日(日)。

あまり大きな展覧会ではなかったのですが、ゴッホ作品だけあり、人が多くてゆっくり絵画を観賞できる雰囲気ではありません。

9時30分開場で、9時40分ごろに到着したのですが、入場制限が始まっていました。

今回の展示は、ゴッホが浮世絵からどれほどの影響を受けたか立証する流れでした。

具体的に、”この浮世絵のこの部分を真似て、自分の画法に取り入れようとしていた”ことがわかる内容になっています。

そのせいか、展示されている作品の半分くらい(それ以上?)は浮世絵でした。

[caption id="attachment_682" align="aligncenter" width="640"]ゴッホの絵を再現した部屋

ゴッホの絵を再現した部屋
[/caption]

浮世絵は、葛飾北斎歌川広重東洲斎写楽などの作品が並んでいて、美しく、見ごたえがあります。

浮世絵作品の所蔵に「株式会社ニトリ」と記載されているものが数点あったのがツボでした。

久しぶりの油絵観賞でした。

ポストカードもいいけれど、油絵の立体感はやはり美しく、実物と全然違う。

本物を観ないといけませんね。

ゴッホの筆使い、色合い、やっぱり好きだなと思いました。

[caption id="attachment_681" align="aligncenter" width="640"]ポストカード

購入したポストカード。今回の展示にはない作品もあります。
[/caption]

ランチは、少し歩いてRokujian(ロクジアン)でいただきました。

ランチプレートは、おかずがたくさんあって、どれもおいしかった。

[caption id="attachment_683" align="aligncenter" width="640"]ランチプレート

ランチプレート。これにポタージュがついていました。
[/caption]

この周辺は有名なうどん屋さん、オムライス屋さんがあって行列ができているのですが、ここは席数は少ないですが、ゆっくりランチができるので穴場です。

●Rokujian(岡崎、平安神宮近く) https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26019178/