ダイハツ キュリオス 大阪公演を鑑賞!ランチどうするか問題

capshon

 
大阪の中之島ビッグトップ特設会場で行われている、ダイハツ キュリオスを鑑賞しました。

東京に住んでいた頃、シルク・ドゥ・ソレイユの公演を観たことがあります。

ハイレベルなパフォーマンスが繰り広げられ、終始興奮したので今回も楽しみでした。

エントランス
会場エントランス

●ランチ問題

開演は12時30分。ここで、ランチをどうするか問題が発生。

私たちは京阪電車で行ったのですが、最寄りの中之島駅には手軽にランチできる場所がありません。

ホテルなど高級な場所でランチする場合は別ですが。(リーガロイヤルホテルがあります)

高価なランチをせわしなく食べるのも嫌だなと思い、隣の渡辺橋駅ダイビルにある丸福珈琲で食べることにしました。

このあたりはオフィスビルが立ち並ぶエリアなので、土曜日は人が全然いません。

それでも開いているお店があることはありがたいです。

妊婦であることを考慮し、時間に余裕を持って11時過ぎにお店に入りました。

メニューはモーニングメニュー(トーストかサンドイッチ)しかオーダーできず…

期待はずれでしたが仕方ありません。ランチメニューは11時30分〜です。

●丸福珈琲店 中之島ダイビル店
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270102/27042376/

2階、3階にある飲食店は11時30分〜開店。

ラーメン屋さんもあるので、身軽に動ける人はこちらで食べてもいいかも。

ランチを終えて徒歩で会場へ向かう道すがら、FamilyMart(ファミリーマート)を発見。

このファミマはイートインスペースがあったので、ここでお弁当を食べればよかったと後悔しました。

●キュリオスは座席で飲食ができる!!

さらに会場に着いて驚愕したのが、座席で飲食できる!ということでした。

持ち込みは禁止ですが、会場内に売店があり、お弁当や軽食・飲み物が売られていました。

「ここで買えばスムーズだったのか…」

売店
売店。休憩時間はチュロスを手べている人が多かった。

公演の間に30分の休憩があるのですが、売店に売られている美味しそうなフード類を見てしまっては、買わないわけにはいかず。

結局休憩時間は鶏唐揚とフライドポテトのおつまみセットを購入しました。

おつまみセット
おつまみセットをシェア。ビールは主人のです。

●会場はテント

特設会場はテントです。大型テント。

サーカスと同じでびっくりしました。

テント

入場ゲート
入場ゲート

会場では「地震に耐えられる仕様になっているので、地震が発生しても慌てないでください」とアナウンスされていました。

大型台風にも耐えた様子なので、きっと大丈夫なのでしょう。

●パフォーマンスは離れ技の連続

以前観たショーよりも舞台が小さかったので、どうかなと思ったのですが、ショーが始まると驚きっぱなし。

同じ人間とは思えないパフォーマンスのほか、舞台セットや衣装、メイクもかわいらしく、とても楽しめました。

パフォーマーは明るく演じていますが、少しミスすれば大事故になるようなパフォーマンスばかり。

内心、どんな気持ちなんだろうとヒヤヒヤする場面もありました。

私は体で表現することはからっきしダメなので、パフォーマーたちを本当に尊敬します。

生まれ変わったら、あんなことができる人になってみたいと思わなくもない。

また、裏方の人の動きも見ていて面白いです。さりげなくセットを準備したり仕舞ったり。

どこにも無駄な動きがないんです。

演目
当日の演目

子供が生まれると、こういう場所へ気軽に行けなくなりそうなので、生まれる前に行けてよかったです。

夢の世界に包まれた2時間でした。

●ダイハツ キュリオス 大阪公演概要
http://www.kurios.jp/outline_osaka.html

キュリオスポスター